大正製薬などから発売されているグルコサミン等の健康食品に注目する

2人の女性

生きていく上で必要な要素

男性

コレステロールという言葉にあまりいいイメージをもっていない人は多いと考えられます。しかし、コレステロールは人が生きていくうえで欠かせない脂質の一種なのです。コレステロールは細胞膜を生成するうえで重要な役割を果たす要素です。ダイエットや健康を特集する雑誌やテレビなどでは、コレステロールの数値について良く話が出ることが、あまり良くないイメージをもつ要因ではないかと考えられます。コレステロールの数値が高いことは、さまざまな病気の原因になります。有名なものでいうと、心筋梗塞や脳卒中などです。

このコレステロールの役割は、細胞を包む細胞膜の原料になることや、ビタミンDの合成に使われること、心身の活力を高める副腎皮ホルモンや胆汁酸の材料となることです。人は、体に必要なコレステロールの3分の2を体内で形成し、3分の1を食物から摂取しています。コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあることが有名です。それぞれの呼び名はコレステロールの役割によって異なっており、悪玉コレステロールのすべてが人体に悪影響を及ぼしている訳ではありません。悪玉コレステロールの役割は、体の隅々に必要なコレステロールを血流にのって運んでいます。コレステロールを運び過ぎると、血管にコレステロールがこびりついてしまい、これを放置すると動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中の原因となるのです。多くの病気を発生させる一つの要因となっていることが、悪玉という名前が付けられる理由であると考えられます。しかし、この悪玉コレステロールもちゃんと生きていくうえで欠かせない役割を持っているのです。

Copyright© 2016 大正製薬などから発売されているグルコサミン等の健康食品に注目する All Rights Reserved.